くすみを綺麗にしてモテ肌を手に入れよう!

洗顔でくすみ解消

洗顔は、くすみ解消のために一番大切ともいえるものです。

 

きちんと洗顔を行うことが、くすみを改善する何よりの対策です。

正しい洗顔ができていないと、それだけでも肌はくすんでしまいます。

洗顔でしっかりと汚れを落とすことが、その後のケアを効果的にするためにも非常に重要です。

大切なことは、洗顔料をしっかりと泡だてることです。

洗顔の際、ゴシゴシ洗ってしまうのは肌にダメージを与えてしまいよくありません。

たっぷりの泡で毛穴の奥の汚れもきちんと取り除くのが大事です。

たっぷりとキメ細かい泡をつくることが欠かせません。

うまく泡だてられないという人は泡だてネットをつかったり、あらかじめ泡ででてくるタイプのものを選ぶのもいいでしょう。

また、洗顔はぬるま湯で行うようにしましょう。

熱いお湯で行うと肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌の原因になってしまいます。

人肌より暖かい程度のぬるま湯で行うようにしましょう。

洗顔料のすすぎ残しがあると、肌に大きな負担を与えてしまい、くすみの原因になってしまいます。

洗顔の際は、最後にたっぷりのお湯で、きちんと洗い流しましょう。

こうした正しい洗顔のあとに化粧水や乳液をつけることで、さらに効果が実感できるはずです。

くすみ解消とメイク落とし くすみの大きな原因

くすみ解消とメイク落とし くすみの大きな原因として「化粧品による色素沈着」があります。

そのため、きちんと化粧を落とすことが、くすみ対策の第一歩といえます。

化粧品の成分は肌にとっていいものではありません。

メイクを落とさずに寝るということは一日中肌に負担をかけているということです。

家についたらすぐに化粧を落とすようにしましょう。アイメイクや口紅などの濃いメイクは色素沈着を起こしやすいので、はじめに落とすように心がけましょう。

拭き取りシートは、毛穴の奥の化粧までは落とせないので、あまりおすすめはできません。

どうしても疲れていてすぐにも眠ってしまいそうだというときには、これを使うのも手段の1つです。

メイクをつけたまま眠るということは絶対にしないようにしてください。

また、メイク落としの成分はとても強いため、長時間かけて洗うのは避けましょう。

長くても2分以内に洗い終えるようにすることが大切です。洗い残しがあっては意味がないので、きちんと汚れを落とすようにしましょう。

洗顔のときとおなじように、指先でくるくる円を描くように洗います。

指と顔の間にあるクレンジングオイルでメイクの汚れをからめとるようにするのが正しい洗い方です。