鼻の下のくすみ解消したい!これでおさらば!

鼻の下のくすみ解消

鼻の下のくすみは、女性に多くみられる悩みです。

きちんと産毛を処理していても、ひげが生えているように見えたりすることがあります。

鼻の下の原因の多くは色素沈着にあります。

産毛の処理方法が正しくなかったり、くすみを隠そうと塗ったファンデーションやコンシーラが落とし切れていなかったりすることが原因です。

鼻の下もきちんとスキンケアをしてあげることが大切です。

洗顔の際には、一本の指でくるくる円を欠きながら汚れを落とすようにしましょう。

化粧水や乳液、美容液は鼻の下にもしっかりとなじませましょう。 鼻をかむときのティッシュでのまさつも、くすみの原因の1つです。

特に花粉症の人や、鼻炎の人は、鼻の下の皮膚にダメージを与えやすいです。そのためティッシュはなるべく刺激の少ない、やわらかいものを選ぶようにしましょう。

産毛の処理も、なるべく肌にダメージを与えないよう、優しく行うことが大切です。

他にも、日常生活をみなおして、肌にダメージを与えていないかを見直してみましょう。

今あるくすみの「改善」と、これ以上くすみを増やさない「予防」が、くすみのない明るい肌を実現するために重要です。

くすみ対策には洗顔

くすみ対策には洗顔が非常に重要ですよね。

きちんと洗顔をしているのになかなかくすみが解消しないという人もいます。

そういう人は、つかっている洗顔料を見直してみましょう。

もしかしたら肌に合わない洗顔料をつかっているのかもしれません。

最近は洗顔に石鹸をつかうという人も増えています。

石鹸は洗顔フォームなどにくらべ成分がやさしく、肌に負担をかけません。

なかでもおすすめなのがピーリング効果がある石鹸です。

ピーリングというのは、果物の酸の力で古い角質等をとかすというものです。

古い角質をとることで、新しい肌が生まれやすくなります。

普段不規則な生活を送っていて、肌の力が弱まっている場合、肌のターンオーバーのリズムがみだれていることがあります。

こうなっていると、なかなか新しい肌へのうまれかわりが自力ではできなくなってしまいます。ピーリング効果がある石鹸などを使い、新しい肌の生成を活発化させましょう。

一日のうちに何度も洗顔をするのは、肌に負担を与えてしまいよくありません。

オイリー肌の人などで、どうしても肌がべたべたする人なども、せいぜい一日2回程度に抑えましょう。

それ以上洗いたい場合は、なるべく成分が優しい石鹸をつかうようにして、肌に負担をかけないようにしましょう。

くすみ解決のためには、まず、自分にあった洗顔料探しからはじめましょう。